【道の駅】三重県南部を攻略してきた件

5年くらい前から、中部道の駅スタンプラリーを続けています。

 

中部地方の道の駅全部を回り、スタンプを押して集めると、記念品がもらえるというキャンペーンです。

 

期間制限はないため、自分のペースで進めていくことができるのがポイントです。

 

記念品は、私がスタンプラリーを開始した当初は、木製の認定証でしたが、現在はゴールドカードに変更になっています。

 このゴールドカードは、なんと、各道の駅で、割引などのサービスを受けられる特典があります。

木製の認定証がなくなってしまうのは残念ですが、実利を伴うゴールドカードも大変魅力的です。

 

さて、スタンプラリーの対象となる道の駅は、現時点、全部で125箇所もあります。エリアも広く、伊豆、飛騨高山、尾鷲に及びます。

 

私は、名古屋市内の自宅が拠点となりますので、三重県南部の尾鷲熊野にある道の駅は、日帰りでは回るのがやや困難でした。

そのため、いつか泊まりがけで、と思っていたのですが、この度ついに、南紀勝浦に一泊旅行するついでに、三重県南部の道の駅を攻略して来ました。

 f:id:windylift:20170409205228j:image

今回寄ったのは、以下の5ヶ所。

紀宝町ウミガメ公園

パーク七里御浜

海山

熊野きのくに

紀伊長島マンボウ 

 

ところが、上記のうち、熊野きのくにが閉鎖になっていました。

 

新しい道路の開通による交通量の減少の影響とのこと。

貼り紙には、サービスエリア開設を目指していた経緯などが説明されていました。

なんか色々あったようです。 

f:id:windylift:20170415234204j:image

ちなみに、道の駅としては閉鎖していましたが、スタンプは、用意されていました。

f:id:windylift:20170415234237j:image

道の駅スタンプラリー的には現役のようです。